トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

ラートプラオ運河

  ラートプラオ運河はちょうど10年ほど前に、私が夢中で運河に挑戦していた頃の記録なので、現在でも運行されているかどうかは定かではない。

 バンコクの中心部から、10数キロ北にあるドムアン空港の、更に北側にサパーンマイというの街がある。  サパーンマイとバンコクの都心部までの間で、運河ボートが運航されていると聞いて挑戦してみた。

 これまでに2回ほど、バンコクからサパーンマイへ向かうボートを探し歩いて、その都度ボートが見つからず苦杯をなめてきた。 午前の便でチェンマイへ向かう友人を見送りに、ドムアン空港まで
行く機会があって、見送り後時間が出来たのでこれまでとは逆に、サパーンマイからバンコクに行くボートを探してみようと試みた。

 試みはバスの停留所探しをと、汽車の線路をこえてみたのだが、聞いても聞いてもわからない。
5人目くらいに、30台とおぼしき子供を連れた女性が知っていた。女性は親切だった。
 かなり離れたバス停まで同行してくれ、暑い中でさらに15分ほど待って、365番のバス車掌に
 この人は日本人だから言葉がなかなか通じない。サパーンマイに着いたら教えてください。と言い残してくれた。

 彼女は自分の用事があったであろうに、1時間も私のために時間を割いてくれて、元の道を
引き返していった。ほんとうに有り難う。 こんな人に出会うから、いよいよタイ好きが嵩じてくるのだ。

 サパーンマイには着いたのだが、今度は探しても尋ねても運河にボートの乗り場がわからん。
幾人かの人に聞いてみたが、クローンボートでは通じなかった。警官に尋ねコン・ルゥアでやっと意味が通じて、それはインチャルン市場の裏から出ているらしい。 なかなかですなあ。


 

|

トップページ | 2009年7月 »