« 京都を訪ねるチェンマイの高校生 | トップページ | 夕食の楽しみ »

バンコクには日本食なら何でもある

 郷にいれば郷に従え と云いますが、タイに行けばタイ料理を食べてみたいと思う。それでも味付け海苔や梅干しなど、ご持参で敵地へ乗り込まれる、ご人もたくさんあるようだ。

 旅をして異国の珍味を存分に賞味しようと頭では思っていても、何十年も使い慣れた舌が、云うことを聞いてくれないらしい。

 そんな人たちが年間100万人近くも、タイを訪れるわけだから、バンコクには日本人に合わせたレストランがいたるところに存在する。
 特に日本人向けの店が沢山集まっているのは、スクムミット通り近辺と、シーロム通りとスリウォン通りの間のタニヤ近辺である。

 BTS サラデーン駅を降りてすぐの、右側がタニヤ通りで、この界隈には日本語が溢れかえっている。 
 タニヤプラザ3階には、回転寿司でお馴染みの 「子象寿司」 がある。 しかし、よく見てください。
日本のものと一字違いますね。 そうです日本では小僧寿司なんです。

 「子象寿司」 では、毎日11:30 から14:00までがランチタイムで700円ほどと少し高めですが食べ放題となります。

 回転するレーンには、日本と同じような、サーモン、まぐろ、ケンサキイカ、海老などの寿司だけではなく、茄子の味噌煮込みや鯖の塩焼き、ハンバーグからプリンなども仲良く回っている。

 私が入った時間は1時半頃だったが、入り口近くしか座席がなかった。レーンが回転台の一番  後尾だったので。残念ながら美味しそうな寿司は途中で消え去っていた。
本気で食べる気であれば、12時前に行って、満を持して挑戦すべきであろう。

 タニヤプラザの一筋前の通りには、牛丼の牛野屋がある。吉野屋ではありません。
店の構えや配色、看板はすべて吉野屋とそっくりなんですが、一字違うんですなあ。 この店の牛丼の味はバカに出来ないと、立ち寄る日本人の若手には評判がよろしいそうだ。

 ツアーでなければ、何でも食べられるバンコクなので、無理に梅干しやラッキョウなどを持ち込まなくても日本食はいつでも食べられる。  伊勢丹やプロンポンのフジスーパーへ行けば梅干しやラッキョウだって、いくらでも売っていますからご心配には及びません。





 

|

« 京都を訪ねるチェンマイの高校生 | トップページ | 夕食の楽しみ »

バンコクのあれこれ」カテゴリの記事