« マハチャイ線のディーゼルが発車する | トップページ | バーンレームからメークローンへ »

マハチャイの街

  ディーゼル列車の哀願に答えて動き出した物がある。 窓から身をのり出して前方を眺めると、何と線路が見えないほどに市場が広がり、線路の荷を片づけテントを動かさないとディーゼル列車が通れないのだ。

 市場の連中は手際よく動かして、列車は遠慮がちに市場内の終着駅に入線することが出来る。
ディーゼル列車から降りて後方を見ると線路は魔法のごとく消えて、元の市場ができていた。

 市場の中のマハチャイ駅をでて、前の通りへ出ると港の匂いが充満していた。さすがに歴史ある漁港の街だ。通りを埋め尽くすように並んだ店先には、小さなイカの乾物(スルメになりきれていない)や干し海老が山積みにされていた。道路から小道へ入ると大小取れたての鮮魚だ。

 アジや鯖、サワラなどは顔なじみなので美味しそうに見えるが、大きな色鮮やかな熱帯の魚なんかは、食べようとは思わない。 

 この街の人々は中国系のタイ人が多いようだが、「写真を撮っても良いですか」と許しを得て珍しい魚や干物の山を撮ろうとすると、私も写せとポーズをとる人まででてくる。
陽気で楽天的なのである。
撮した写真を翌年持って行くと、大喜びで冷たいジュースなんかのご馳走になる事もあった。

 駅前の通りを右へ進むと公園がある。その手前を左に行くと、渡船があってターチン川の対岸まで渡してくれる。この渡し場の隣がレストランになっていて、ここの二階で食事をするのが良いだろう。
普通の食事もシーフードも充実しているし、トイレも利用できる。

 この街でトイレが使用できるのは、このレストランと公園の中の3バーツトイレ、さらには駅の2階にある職員用トイレくらいだろう。

 このターチン川の河口は、左から流れてくる運河と接していて、かなりの濁った水が淀んでいる。 ホテイアオイが繁茂し、常時船のスクリュウがかき回しているから、海底に住む小動物、プランクトンが巻き上がり、それを狙ってホテイアオイの葉の上は白鷺が餌場としていた。

 小魚などをうまく捕食するのが面白く、飽きずに見ていたら可愛い鰐まで遊んでいた。まだまだ見物がある。それは対岸のバーンレームまでの渡船だ。

 5分おきくらいに往復している渡船には、人だけでなく自転車もバイクも乗せている。

|

« マハチャイ線のディーゼルが発車する | トップページ | バーンレームからメークローンへ »

マハチャイ」カテゴリの記事