« 早朝の市場と解けぬ謎 | トップページ | 食ってみなければ分からぬ 食わず嫌い »

深夜に現れた女性 その後

 バンコクに帰って、夕方からスリウォンにある、古式マッサージに行った。
この店はモンテインホテルの客が多いせいか、日本語が少しは出来るおばちゃんマッサージ師が多い。 

 私はうっかりおばちゃんに、ウボンでの出来事を話してしまった。 すると、おばちゃんは即座にそれは 「ピー」 ( 霊? )だと断定した。  何たることか、おばちゃんの話を聞きつけて、新たに4人のオバサンが嬉しそうな顔で加わった。
タイではよく「ピー」が現れるといいながら、興味津々で目が輝いている。

 死んだ若い女が天国へあがれずホテルの8階の高さで彷徨っていて、あなたの部屋に現れたのだ。 今 「霊」 は 、あなたに取り憑いて助けを求めているのだ、と真剣に主張する。 オイオイそんなことはあるはずがない。 と云うのだが、私の意見などにはまったく聞く耳を持たない。

 明日はお寺でどうしてもお祓いを受けねば、と勇み立っている。 私はいいから勝手に行って。
それにしても、タイの女性は 「ピー」 (霊)の話が本当に好きらしい。
ついに屈服した私は、翌日おばちゃん2人とラーマ四世通りのお寺へお祓いに行った。

 寺の近くでバケツいっぱいのお供え(食べ物ばかり)を買って、本堂にはいると、さまざまな悩みや願い事を聞いてくれる僧侶が座っていた。 
その前に正座をして事情を説明するのだが、私がそんな説明をタイ語をはなせるわけはない。

 すると私に代わって、彼女達が見てきたように、滔々と僧侶に訴えている。 どうも話は何倍も誇張されて、話している内に彼女たちは勝手に興奮していく。  当事者である私は、全く蚊帳の外で唖然として見ているだけであった。

 僧侶が私に直接聞いたのは、女の顔は? 手のひらは上を向いていたかそれとも下か?
何かあなたに云ったか?  そのあと、僧侶は厳かに断定した。 「ピー」 だ。
ついに私も日頃の行いが良く、若い女性に憑いていただいたのか。

 だが祓わなくてはいけない。 ピーには持参した供物を与えて、心を残さず天国に旅立たせるために、お経をあげなさい。 と僧侶について読経をするよう求められた。

 お経など日本語でも上げられないのに、タイ語でなんか出来るはずがない。 そこで僧侶に続いて少しずつ区切りながら読経をすることになった。

 読経が終わるとお祓いの水をかけられて、めでたくピーは私の身体から離れて、天国へ旅立っていったのである。

 この投稿は、信じない人や異論をお持ちの人も多いかと思うが、ネバダホテルで深夜現れた若い女性によって、事後このような展開があったので記してみた。私自身もあまり真実であるとは思っていないのだが。世に中には何があるか分からない。

|

« 早朝の市場と解けぬ謎 | トップページ | 食ってみなければ分からぬ 食わず嫌い »

バンコクのあれこれ」カテゴリの記事