« こんなに好きなタイなのに | トップページ | メコン河よ どこへ行く »

誰しもそんな願望はあるのですが

 2年ほどにもなるだろうか、友人のN氏夫妻とチェンセンの街の散策に出かけた。N氏は高校の友人でダンス教師のかたわら、カメラを持たせると京都の写真展で連続して入賞している変わり種である。

 今回が2度目のタイ訪問で、観光写真は撮らない。.田舎の生活が表現されるような作品であったり、遺跡も美しく修復されたものではなく、苔むして昔が偲ばれるような写真がねらいであるらしい。

Photo  そのあと城壁を北回りに歩くことにした。ここには道路脇に中学校があって、休み時間になると、どこからともなくお菓子屋やジュース屋のリヤカーがバイクに引かれてやって来る。

 休み時間と共に生徒がわらわらと運動場の塀際に駆け寄って、塀から首だけを出して、おやつを楽しむのである。

 こんなことをすれば日本では先生からきつい指導を受けるか、教師対生徒のトラブルに発展するかであろう。

 タイでは絶対にトラブルにはならない。時には先生も塀越しに買っていることが有るのだから。 地方の学校によっては、昼休みともなれば校庭に屋台の3~4軒も並んで食事やおやつを食べている。 学校も細かいことを云わないし、指導などと頑張ることもない。

 この日は運悪く塀越しにおやつを買う光景の写真は撮れなかったが、どこからか大音量の音楽が聞こえていたので、そちらに向かって歩いた。

 ボリュームを最大にして音楽を流すと言えば、タイでは結婚式か葬式か、いずれかと思われる。 結婚ならば親戚はもちろん、音楽に引かれて見ず知らずの人も入り込み、目出度いメデタイと云いながら、飲み食いする輩がかなりあるらしい。

 葬式も同じことで大きな音楽が流れてくれば、堂々と入り込んで飲み食いにあずかる。音量を上げた音楽は慶弔をやってますよ。ご一緒にどうぞ。との呼び水になっているのだ。

 さて我々3人はかなり歩いて音源近くまでやって来た。結婚式か葬式か? 道には大型スピーカーを備えた音楽専用車が、これでもかとばかりに大音響をばらまいている。

 現場の横を通りかかると、突然声がかかった。「日本の方ですか」  エッ そうですが。 そこには30人ほどのタイ人が飲めや食べろのどんちゃん騒ぎ、声をかけた人だけが日本人だった。 私達も賑やかしに仲間入りして、食事を十分ご馳走になった。

 今日は家の新築祝いだそうで、大勢のタイ人に囲まれて、日本人はたった一人だったのでつい声をかけました。 彼は千葉県のYさんで、日本語の出来るチェンセン美人と結婚して両親の家と、夫婦の居宅兼ゲストルーム3室が完成した祝いだそうだ。 いいなあ。

 どうも会社の関係で日本とタイを往復されているらしく、私が留守でもチェンセンに来られたら遠慮無く泊まっていってください。とありがたいお言葉をいただいた。

Photo_2  

 2010年3月に前を通って見ると、ご夫妻は日本に出かけているとのことであった。

 あれほどどんちゃん騒ぎをしていた、庭も綺麗に整理してあった。

 いつまでも仲良くしてくださいね。

 メコン河の畔には遊歩道が作られていて、その木陰のベッドでタイマッサージを受けながら、対岸のラオスを眺めるのも至福のひとときである。

下流には新たな貨物船が、5艘ほど入っていた。

Photo_4  もう少し上流には、中国から輸入した果物をはじめ、木の実、雑貨品などの店が、たくさん並んで、中国製品のバザールをやっている。

 中国の観光ツアーのバスも立ちよって、ツアー客みんな、お土産の購入に忙しそうであった。

|

« こんなに好きなタイなのに | トップページ | メコン河よ どこへ行く »

チェンセン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。