« 南国の蛍の光を求めて | トップページ | バンコク日本語ツアー その他いろいろ »

土産ばかりが買い物ではない

 先日もスクムミット通りのホテル近くを歩いていると、△△さんバッテリーあるか?と声がかかった。 この声は歩道横の軒下で、いつも偉そうに虫眼鏡を覗いている時計の修理屋だ。まだ大丈夫だと思うが、前回はいつ交換したのか思い出せない。

 バッテリーとは時計の電池のことなのだ。 私はよほどのことがない限り、この修理屋で電池交換をしている。 オヤジもよく覚えていて時々声をかけてくる。
腕時計をはずすと手に持って、バッテリーまだあるな。と呟いて納得するのだが、バッテリーチェンジと英語でいうと、まだあるとブツブツ言いながら、それでも新しいのと交換してくれる。

 今までの経験では、これで2年は十分交換はしなくてもいい。タイの製品は粗悪だ等という人もいるが、日本の現地工場が作っているので、一応信頼は出来る。

 分からないのは、電池交換の料金だ。タイでは140円で出来るのに、日本では1,000円以上かかるのはなぜだろう。 タイで交換しても時計は何事もなく動いてまっせ。

 ブログのアドレスを名刺に書き込もうと考えて、百貨店マーブンクロンへ行った。
これまでの名刺を見せて、このアドレスを追加してくれと依頼すると、まず名刺の用紙を選ばせて、1時間後に来てくれ。

 時間通りに行くとできあがっていた。日本語部分はスキャナで取るらしく、古い名刺を持参しなければならないが、私がミスをしていたところ以外は、完璧なできばえであった。  ほのかな香りがついて100枚で 700円と今回は少し値上がりしていた。

 噂によるとバックパッカーの聖地 カオサンでは、学生証を300円で作ってくれる。
写真、生年月日、大学名、学部名の原稿を渡せば。30分後にはできあがって、有名大学の学生だ。日本で色々とお使いになっている方もいるらしい。

 一人旅には文庫本が欠かせない。私はタイへ行くと10日~15日位は滞在する。雨季などあまり外へ出かけられられない時は、かなりの本が必要になってくる。こんな物でも日本から持参すれば荷物はかなり重くなる。

 BTSのプロンポン駅西口の改札を出て、同じ階を50メートルほど進んだところに、日本語ばかりの中古本の店がある。この一帯は日本村と呼ばれるほど、日本人が多く住んでいる地区なので、かなりの利用があり品数も豊富である。値段も日本と同じく一冊60円~120円なので、3~4冊買って田舎の旅に持参している。

|

« 南国の蛍の光を求めて | トップページ | バンコク日本語ツアー その他いろいろ »

バンコクのあれこれ」カテゴリの記事

コメント

タイスキ様、こんにちは

京都も日中は、夏の陽気となってまいりましたねぇ

その前に梅雨がやってまいりますが・・・

>噂によるとバックパッカーの聖地 カオサンでは、学生証を300円で作ってくれる

カオサン、懐かしい響きどすねぇ

もっとも私が定宿にしていたのは15年も前ですが

その頃から、偽造学生証を扱う店はたくさんありました・・・・

安価で簡単に誰でも創れましたが

勿論、私は利用していません^^

投稿: 高兄 | 2010年6月 3日 (木) 19時42分

 高兄さんお変わりありませんか、ここ2~3日夕立があったり、気温も30度近くまで上がって、まさに初夏の様相ですね。
 もう三ヶ月もタイの空気を吸っていないので、そろそろと思うのですが、紛争の後遺症がまだまだ残っているようですから我慢して、ブログを書いています。
時々でいいですから、また覗いてください。

投稿: タイスキおじさん | 2010年6月 5日 (土) 09時52分

タイスキ様、こんにちは

京都の初夏ですねぇ~

来週あたり梅雨に入るかもしれません

>紛争の後遺症がまだまだ残っているようですから我慢して、ブログを書いています。

御賢明な判断かとおもいます


急に紛争がぶり返す様な、きな臭い感じが

まだいたします

投稿: 高兄 | 2010年6月 5日 (土) 12時12分

この記事へのコメントは終了しました。

« 南国の蛍の光を求めて | トップページ | バンコク日本語ツアー その他いろいろ »