« ナコンパノムの街では | トップページ | 前途不明の旅は面白い »

後悔先に立たず 私の英語は?

 早暁のメコンを写真に納めようとN君と会長Y氏にモーニングコールを入れると、会長は寝る との返事、ご老体はゆっくりしていただき、N君とメコン河畔へでかけた。

 今日の太陽は機嫌が悪く、ラオスの山並みは明るくなってくるものの、雲に隠されている。会長が正解だな。 写真は諦めてジョギングしたり、太極拳をしている人をぼーっと眺めていると、オバサンが話しかけてきた。

 どこの国の人、何をしに来たの、いつまで居るの、などと聞いてくれるのだが、すんなりと理解ができない。その様子を察してオバサンは英語に切り替えてくれるのだが、よけい分からん。外人は誰でも英語を話すって誰が決めたの、私はタイ語も駄目だけど、英語よりまだ可能性が少しはあるのだが。

 こんな田舎のオバサンが英語を使うなんて、朝から自分の不甲斐なさ、惨めさに打ちひしがれる。こんな気持ちが襲いかかって落ち込んでしまったが、まあ愚痴は言うまい己が悪い。 それでも霧が晴れてメコン河がくっきり見え始め、ラオスの奇怪な山並みも顔を出した。
Photo_5
 数年前の乾季に来たとき、渇水による遠浅の砂州に出てみへたら、小さな虫が無数に飛び跳ねていた。

 よく見るとそれは5ミリもない、蠅くらいの蛙が何万匹もはね回っていたのである。

蛙の子供はオタマジャクシなのにどうしたのだろう。


                         

 今回も遭遇できないかと密かに期待をしていたのだが、まだ水量が多くて見ることが出来なかった。こんな事を考えながら水際まで行ってみると、老いた夫婦が貝をたくさん掘っていた。
これは絵になるし、いい風景だ。かなり大きい貝はこれから市場に持って行って売るのだという。
Photo_7 

 イミグレーションまで足を延ばしてみると、早朝の連絡船の客が集まっていたが驚きましたねえ。そのラオス行きの客の中に仏像が売られていくため、一緒に待っていた。

 売られていくこんな様子を見ると、有り難みも失せてしまい、可哀想だった。

  賑やかな朝市も見学して、まずい朝食も済ませて、さて今日はどうしよう。飛行機でバンコクへ帰るつもりだったので、どこへも行く計画はたてていない。 どこかでもう一泊するか。ということで、バスで5時間ほどかかるが、飛行機の便が多いウドーンタニまで足を伸ばすことにした。

|

« ナコンパノムの街では | トップページ | 前途不明の旅は面白い »

ナコンパノム」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。