« タイ女性は怖いけれど優しいのだ | トップページ | ナコンパノムの街では »

一芸に秀でた者は何でもこなす

 思いもかけぬお手伝いをいただき、温かい鍋と暖かい気持ちを馳走になって夕食は終わった。
今日のメニューは、ムーガタ、焼きめし、野菜炒め、ビールで一人580円である。さすがに田舎の料理は、バンコクとは比較にならない安さである。

 ホテルへ帰るとラウンジのピアノの曲が急に替わって、懐かしい日本の曲を奏で始めた。どうやら一目見て日本人とバレているらしい。数曲は聞く振りをして、拍手などを送っていたが、私は眠くなって部屋に引き取った。
 
 朝起きて彼らに聞いてみると、遅くまでダンスに酔いしれていたらしい。 N君は写真の他にダンスの講師を、三カ所ほど受け持って指導している、これもまたプロなのだ。タイの 田舎の女性が離すわけはない。この上に面打ちまでこなすと云うから、その才能は尋常ではない。

 それに引き替かえ俺の一芸はなんだ。タイ旅行と音楽を聴くこと? なんと寂しいではありませんか。己の努力不足を顧みず、ああ無情と嘆く私であった。

 気を取り直して、メコン川の夜明けの写真を撮りに行った。ラオスの空が次第に明るくなり、一条の光が川面に刺さり、じつにすがすがしい朝を迎えつつあった。
 対岸のラオスの鶏の鳴き声や犬の声がかしましく、川面に映る漁師の夫婦船が一幅の絵を描き出していた。

Photo_4 

 ムクダハーンの街は、バンコクからVIPバスで11時間、最寄りの空港までは3時間と非常に不便な田舎である。特にきわだった名所はなく、メコン河の風景と色浅黒いイサーンの人ばかりで、外国の観光客は殆ど見かけない。

 ホテルはプロイパレスホテル(4500円)、ムクダハーングランドホテル(ほぼ同額)くらいが適当だろう。 ただプロイパレスの方は、朝食に難がある。

 バスで行った場合、ターミナルからトゥクトゥクを利用しないと、歩いて街の中心には出られない。プロイパレスホテルと言っても通じない場合が多いので、ポーイパリーホテルと言い直すと多分うまくいくと思う。

|

« タイ女性は怖いけれど優しいのだ | トップページ | ナコンパノムの街では »

ムクダハーン」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。