« ウドーンタニへ到着した | トップページ | 味わいのある旅は終わった »

TATお墨付きの バンチャンホテル

 ちょっと待て。とはおっしゃるが何かご用か。

 二人は奥へ入り、次に出てきたときは何と、ピストル持参の警察官の服装ではないか。
驚きましたねえ。案内する。乗れと出した車がパトロールカー、どないなってるんや。 まだ何も悪いことしてませんで。
 
 いやいや大丈夫です自分で探していけますよ。お二人とも外出では政府観光案内所が空になります。 他の観光客が来たら困りますよ。  要らぬお世話だこれも公務だ。
 ま、いいか、いつもの気楽な勤務なんだろう。おじさん達はそのままパトカーに同乗してホテルに向かった。

Photo_2  こんな経験はタイで初めてである。これはツーリストポリスが政府観光案内所を兼務していたからだが、こんな例は今までに経験した事がなかったので驚いた。

 ホテルに到着すると、パトカーを見たガードマンとベルボーイが不動の姿勢で敬礼して迎えてくれた。

 が、敬礼は我々にではなく、当然鬼より怖い警察官に対してであった。 そうでしょうね。

 年配の警官が一緒にフロントまで来てくれて、偉そうに「ペラペラナントカナントカ」というと我らの宿泊費は大幅にダウンした。 
(当然なにがしかのお小遣いはホテルが渡さねばならない)

 ボーイに案内された部屋はツインルームで誠に広くて豪華、年金暮らしのおじさんにはかえって落ち着かない。
 この部屋がひとり1室だから豪勢なものだ。

 日本のホテルなら1室何人様と詰め込まれ、そのうえ1人づず別々で料金を計算されるのに、タイでは1室に何人泊まっても同じ料金だ。ホテルは部屋を貸す商売だから、一室分しか使用料を取らない。

 とすると、旅行社のツアーで外国へ行き、一人一室使用すれば、追加料金は○○万円必要です。などと請求されるのは非常におかしい。しかしまあこれが商売でしょうな。

  ホテル前の一帯が広い食材の市場になっていたので、野次馬のおじさん達はまずは市場見学、次はお定まりのマッサージとばかりに、ホテル周辺を探してみたが、ただ一軒あった店は古式マッサージと書いてはあるが、私の目ではイケナイほうのマッサージと思われたので、今日はお休みとした。

 ウドーンタニの、タイ航空オフィスで、明日午前中の航空券が確保できた。ここまでの東北タイ(イサーン)を巡る旅も4泊5日となり、いよいよ明日はバンコクだ。   会長の入れ歯は、はたしてあるのだろうか。無事を祈るばかりである。




 

|

« ウドーンタニへ到着した | トップページ | 味わいのある旅は終わった »

ウドーンタニ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。