« 特産は犬の糞? | トップページ | ピサヌロークから東北タイへ »

クレット島を後にする

 クレット島からパークレットバス乗り場に帰るには渡し船に乗って、かなりの距離を歩かねばならない。
暑さで消耗していて、しんどいことだなあ。と嫌になりかけていると、桟橋に係留されていた船で30才代くらいの、夫婦が出船準備をはじめていた。

 さも、羨ましそうな顔をしていたのだろう。どこまで行くのだ。と聞いてくれるのでパケットと答えると、20バーツ(56円)で送ろう。
 一も二もなく乗せて貰った。まともにいけば、1時間はかかるのだが船に乗れば座っていて10分だ。
Photo
 
 川風は涼しく周りの景色を愛でながら、パークレットの桟橋へ着いた。 着けてくれたのが、バスを降りてすぐの桟橋だったので、これは有り難かった。

 夫婦の船は私を降ろすと北の方角に進んでいった。逆の方角だったので少しお小遣いを取ったのだろう。

 ここから帰るにはバスかタクシーだ。   タクシーなら簡単にノンタブリーへ行くことが出来るが進歩がない。 とするとバスしかないが、往路使った32番は復路はンタブリーの桟橋は通らない。

 パークレットへやって来て、Uターンしていくバスを日陰から眺めていた。何と雑多なバスなのだろう。 オレンジバス(冷房バス)の205番も走って来たが、このバスどこかで乗ったことがあるぞ。 そうだ、ルンピニ公園の近くだ。乗ってみるか、と歩み寄ろうとしている間に走り去ってしまった。

 その後ろから来たバスは、冷房車だが見慣れないバスだ。窓に出してある行き先板は全く読めないタイ語と英語でも書いてあった。

 分かりもしない英語を見ていたらビクトリー何とやらと読めた。 しめた。ビクトリーモニュメント(戦勝記念塔)へ行くのだ。 しかも行き先板は黄色の表示板ではないか。

 勇んで乗った166番のこのバスは、BTS高架電車の駅、戦勝記念塔まで行き、その上、行き先板が黄色と言うことは、途中から高速道路へ入って走るのだ。日頃の行いの良さは現れるものだ。

 とすれば、これからは戦勝記念塔へ行けば、パークレットの町まで高速道路を通って行けるということだ。

 今日の旅もまた新しい発見ばかりだった。 一人旅で話相手はいないが、常に気持ちが高揚し、見ることなすこと全てが、老化しかかっている頭の中に吸い込まれていくようだ。  
今日の経費は食費も猫も入れて 600円ほどであった。

|

« 特産は犬の糞? | トップページ | ピサヌロークから東北タイへ »

クレット島」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。