« パヤオの次はどうしよう | トップページ | 多難極めるカンボジア国境 »

トラベラーズホテル

 トラベラーズホテルは、交通至便で100室程度のホテルである。地下鉄が出来て名前を知られるようなったらしい。
 幸い空室があって宿泊をすることにしたのだが、日本人は全く見かけず、白人とタイ人だけがかなり利用していた。

 部屋に入ってみると、これまでのホテルと感じがぜんぜん違う。シンプルではあるが、壁と天井が白いのと照明がしっかりしてるので、部屋は非常に明るい。
明るすぎてホテルの重厚さは感じない。バスルームも明るく清潔で水回りは完璧であった。

 人間贅沢なもので明るく清潔過ぎると落ち着かない。宿泊料は一泊2,800円と経済的には、お得だと思うが、あまりにも清潔すぎて連泊はしたくない。
 タイ人の学生達が団体で宿泊していた。 まあそういうホテルなのだ。

 今回の旅での食事は、田舎のタイ料理ばかりだったので、気分を変えて日本に近い夕食をと、スクムミットのソイ33にある 「らーめん亭」 に入ってみた。らーめん亭と言うだけあってラーメンは非常に種類が多い。

 それだけではなく、野菜炒めから焼きそば、冷麺にどんぶり、餃子や天麩羅、はもちろん卵料理まで、日本語で書かれたメニューは40種類を超えて多彩だった。

 調理はすべてタイ人がやって、サービスしてくれる若い女性も全部タイ人、話す言葉は日本語である。 バンコクにはこの 「らめん亭」 が4店舗ほどあるようだ。

 味はと言えばここは日本か、と思うほどの美味しさ、きっと日本人が指導したチェーン店なのだろう。 なんか褒めまくったようだが、本当に美味しい。
 ただ難点は料理のボリュウムが多すぎる。私など、五目焼きそばとビール一本で夕食は十分であった。

  客は日本人が8割くらいで、後はタイ人とファラン(白人)だった。 この店のお値段は全品 350円から600円くらいまでと、少し高めだったが、料理一品の量が多いので最高でも2品しか食べられないだろう。

 暖簾をくぐれば、若い女性が イラッシャーマセ と迎えてくれ、支払って出るときには、コップンマーカー (ほんとうに有り難うございました) と送り出してくれるだろう。 ぜひ一度は訪れていただきたいものである。

 なお、トラベラーズホテルは、追加料金を少し出せば朝食を用意してくれるが、これはどう贔屓目に見てもまずい。すこし電車に乗れば美味しい朝食にいくらでもありつける。

|

« パヤオの次はどうしよう | トップページ | 多難極めるカンボジア国境 »

バンコク」カテゴリの記事

コメント

タイスキ様、こんにちは

朝晩、涼しく

秋めいてきましたねぇ^^

blogを見ていただいて、ありがとうございます

私は写真関連とは、まったく違う仕事です^^;

カメラ、blog、ともに今年から始めたばかりでして

とにかく今は、習うより慣れろで、休日はパシャパシャやっております

投稿: 高兄 | 2010年10月16日 (土) 08時02分

この記事へのコメントは終了しました。

« パヤオの次はどうしよう | トップページ | 多難極めるカンボジア国境 »