« 必ず迷う パヤオの市場 | トップページ | トラベラーズホテル »

パヤオの次はどうしよう

 パヤオへ行く旅は、何しに行ったのと云われかねないような、バスの旅であったが、私にとってはバンコクからタイの北の端までバスで縦断できたことに意義があった。

 航空券の手配が出来て、チェンライからバンコクに着いてみると、ドムアン空港のあまりな変わりようにとまどった。
 この空港が数年前までバンコク国際空港であったのに、新空港が完成して、これほどまでに寂れてしまうとは、なんか空港が可哀想になってしまった。

 バンコク都内へのアクセスは、エアポートバスが廃止され、タクシー以外は適当な物は見あたらない。 あれほど多くの人々が利用した国際線の施設もベニヤ板で閉鎖されて、まるで廃屋となっていた。

 仕方なくタクシーで、という発想は私にはない。 気が小さいのに新しい発見を求めている物好きなおじさんなのだ。
 国内線から外に出ると、右方向に向かって旧国際線の方へ歩き始めた。閉鎖されている旧国際線まできて、車に気をつけながら左に折れて、そのまま進めば国道にぶつかる。
そこにはバスの停留所がある。 ここまでは5分も歩けば十分である。

 左方向に走るバスを待って、29,59,510,513系統のバスか来たら、斜め下に手を出せばバスは停車する。これで出来上がり。
 ただ行き先を告げて切符を買わねばならぬので、「アヌサワリー」 (戦勝記念塔) と言って、30バーツも出せば釣り銭をくれる。

 前述4系統のバスはすべて、パポンヨーティン通り(BTSに沿っている)を通り戦勝記念塔(アヌサワリー) までは行くので、途中で高架電車(BTS)の駅が見えたら適当なところでバスを下車し、電車に乗り換えればよい。

 そうだ、ホテルが決めてなかった。 この機会をのがす手はない、気になっていたホテルを当たってみよう。
 アソークから地下鉄に乗り替え、フアイクワーン駅で下車、5分ほど歩くとサイアムビバリーホテルがあって、弟に云わせると食事がうまいそうだ。

 食い意地が張っていると思われるが、歳が行くほどにそうなるのである。残念ながら空室が無く暑い中を引き返した。

 次はラチャダピセーク駅だ。 ラチャダピセークまでの切符を買おうとするのだが、舌が回らない。これは ラチャダ・ピセークと二段構えで発音しないとうまくいかないのである。
 駅から3分の所に 「トラベラーズ ホテル 」 がある。このホテルも以前から気になっていた。

|

« 必ず迷う パヤオの市場 | トップページ | トラベラーズホテル »

パヤオ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。