« イサーンディスコの夜 | トップページ | 勇気ある日本の若者 »

タイ人の行くマッサージ店

 これほどまでに古式マッサージの店へ行っているのに、タイ人の客と一緒になったことはほとんどない。 タイ人はマッサージがあまり好きではないのか、と不思議に思っていた。
ところが、ある本にタイ人も古式マッサージが大好きと書いてあって、どこか人知れず密かに楽しんでいるらしい。

 そしてその場所は、どうもタマサート大学の近辺にたくさんあるそうだ。好奇心の旺盛な野次馬おじさんは、さっそく出かけることにした。

 チャオプラヤエクスプレスボートをターチャン桟橋で降りて、雨の中をしばらく歩くと王宮の北側にタマサート大学があった。大学の西と北の道を入念に探してみたが、マッサージの看板はおろか、店らしいところは皆無であった。
  
 なんだガセネタか、雨の中を出てきたのに簡単には引き下がれないぞ。とさらに歩き続け探して回った。雑貨屋で聞き、薬屋で聞いてみた。 と、汚い薬屋のオヤジが黙って二階を指さした。

 どうしよう。 こんな薄汚い薬屋の二階でマッサージをやっているのだろうか。私は二の足を踏んで考え込んだ。  えーい男は度胸やってみるか。しかし男でも老人だしなあ。
優柔不断では何も出来ない。 やる!

 改めてヌアペンボラーン?(古式マッサージ?)と確認するとオヤジは黙ってうなずいた。
濡れた傘をその辺に放り出して、おそるおそる汚い階段を上がっていくと、綺麗ではない大きな部屋にマットが3枚置かれていて、歳を取りすぎたおばちゃん4人が、テレビを見ながら話し込んでいた。

 やはり止めようかとも考えたが、逃げる気力もなくマットレスで横になった。ここでのマッサージは勇気と覚悟がないと受けられない。しかし無愛想なおばちゃんのマッサージは、予想に反してかなりのものであった。でもまた来ようとは思わない。

 物は試しと、まだ好奇心の残っている私の探訪は、2時間のマッサージ500円で終わったが、技術の確かな年季の入ったおばちゃんのマッサージが、こんな価格で受けられることはお買い得だろう。 ちなみに日本の観光客がツアーで行くマッサージは、安くともチップ込みで2時間で1350円くらいはする。

  つまりタイ人専用のこんな店が、あちこちにかなりあって、マッサージの第一線を退いた女性達が小遣い稼ぎに気楽に働いているようだ。こんな場所でタイのおじさん達は、のんびり四方山話をしながら寛いでいたのだ。

|

« イサーンディスコの夜 | トップページ | 勇気ある日本の若者 »

タイ古式マッサージ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。