« ピサヌロークの街 | トップページ | 思いがけぬ出会い »

トップランドホテル

 ピサヌロークのトップランドホテルは、街の北側を東西に貫く国道沿いにある。
このホテルを利用し始めたのは、街で唯一のデパートとつながっていて、一人旅には
非常に便利なためであった。

 特に雨期には雨の心配なく、買い物も食事も、更には古式マッサージも建物内ですませることができる。

 デパートの最上階のフードコートには、十数軒の屋台が並び、ビールすら置いている。雨で足止めをくらったときなど、一人座って時間をかけてビールを飲みながら食事をするのは、 これは便利なものである。 眠くなればここがホテルだ。

 古式マッサージもホテル内にあるのだが、普通の独立した古式マッサージ屋に比べると便利ではあるが、いろんな意味でお薦めは出来ない。

 市内を走るバスや郊外に向かうバスの停留所がホテル前にあるので、何処へ行くにも道路を横切る必要も無く便利である。

 ホテルの裏側にはこの町でも有名な、長い名前のお寺があって朝の散歩でお参りしてみると、参詣の人がとても多かった。これはお参りすれば霊験あらたかで、必ずご利益があると云われていた。

 珍しく長雨が続いた9月のある日、急に思いついてスコータイ遺跡へ行くことにした。ホテル前の停留所から、バスターミナルへ向かう小さなバスに乗りこんで、ターミナルについてみると、まさにスコータイ行きのバスが出るところだった。

 バスの車掌が、パイナイカ (どこへ行くの) と聞いたので、スコータイと答えると、更にムアンカオ?(古い町?)と聞き直したのでうなずくと、乗るな。

 スコータイというのは新しい街のことで、ムアンカオは古い町つまり遺跡のことなのである。だからスコータイ行きに乗ると、ソンテウに乗り換えて更に14㎞は走らねばならないので、ターク行きのバスが良い。ターク行きのバスは遺跡の中の道路を通るので、直接遺跡前まで乗ればよく、この方がはるかに便利である。

 遺跡前の自転車屋で自転車を借りて、水とパトンコーやお菓子を入れたリュックを背に、明るい日差しの中でのんびり遺跡を探訪する。スコータイには遺跡が300個所以上有りとても一日では見ることは不可能だ。そのため城壁内の主立った10個所くらいの遺跡にとどめてもいいだろう。

 その上、アユタヤとは異なり交通の便が悪いので、観光客は非常に少ない。このように広大な遺跡が熱帯雨林の中に、数百年間も放置されていたとはとても信じられないが、現在は立派にその姿を見せているので、是非とも探訪したいものである。

 

|

« ピサヌロークの街 | トップページ | 思いがけぬ出会い »

ピサヌローク」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。