« 思いがけぬ出会い | トップページ | 旅に支障の多くあった年だった »

小さな飛行機に乗ってスコータイヘ

 彼女との再会で積年の悩みの一つが解消されて、平静な気持ちに帰る間もなく飛行機への誘導が始まった。チェンマイは曲がりなりにも国際空港である。しかしこの日の機影は大きいのや小さいのや併せて6機であった。

 私が今日乗る飛行機は? ありました。  搭乗は徒歩で飛行機まで行くのだ。これって普通はバスで移動するのだったと思うのだが、空港の中の一番端に駐機している所までかなりの距離だった。

 これでもインターナショナルエアポートか、そして飛行機にたどり着いて驚いた。小さな飛行機にプロペラが1つしかない。 プロペラが故障すればそれまでか。

 タラップを登って機内に入って更に驚ろいた。座席は全部で12席しかないぞ。私の席はどこ、とオバサンスチュワーデスに聞いて案内されたのは、幸運にも一番前の座席だった。 

 操縦席のドアが故意に開きっぱなしになっていて、機長は私の2メートル前で操縦している。おまけに機長は後ろを振り返り、ピクチャーオーケーなんて云ってくれるではないか。操縦中の写真が写せるなんて、なんと豪勢なのだろう。

 こんな低空を飛行するのは始めての経験だったし、眼下に広がる地図の縮尺も大きくなって、何もかも見えてしまうようでとても楽しめた。

 スチュワーデスは狭い通路を苦戦しながらも、ケーキとコーヒーを運んでくれる。もう少し広ければ自由に行き来できるのだろうが。機内は観光地から遺跡に向かうコースなので、タイ人は見当たらず旅行客ばかりだ。

 こんなに楽しい飛行機なのに40分のフライトで、スコータイ空港に着陸してしまった。
この飛行場はサムイ空港と同じく、バンコクエアウエイズの専用空港なので、他の飛行機の影はまったく見当たらず、野原のなかの空港は寂しい限りだった。

 バンコクエアウエイズ航空のリムジンバス(5~6人乗り)に乗って、スコータイ遺跡まで行った。
スコータイと告げれば、現在の町(新スコータイ)まで、遺跡まで行きたいときは、ムアンカオ(古い町)といえば遺跡まで送ってくれる。

 今回は城壁だけを丹念に見学した。城壁から出て自転車を返しに行くとオバサンは、これからバンコクか? と言うので「ピサヌロークまでだよ」と答えると、座ってバスを待つように云い、小学生の子供を道ばたの木の椅子に座らせた。

 その男の子は、タークからのバスが坂道を下ってくると、停車の合図をする役を仰せつかっているのだ。 止めてくれたバスに乗って、居眠りしていればピサヌロークへ着く予定だ。しかしまあ、小学生とすれば客からのチップが入るのでいいアルバイトではある。

|

« 思いがけぬ出会い | トップページ | 旅に支障の多くあった年だった »

スコータイ遺跡」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。