バンコクの運河ボート

これが運河だ

 28人の客を乗せたボートはチャオプラヤ川を横切り、トンブリーのノーイ運河に入った。

Photo_5  そして周囲の様相は一変して、これぞ運河の趣を見せ始めた。運河には共通のボート乗り場はなく、それぞれの家から階段が運河の中まで降りている。

 水位の変化に対応した自家用桟橋である。 ボートに用事があれば大声を出して、手を挙げれば自分の家に寄ってくれるのだ。
 たくさんの手漕ぎボートが、家々の階段に寄って、声をかけながら移動していく。
果物を商うボート、お菓子の手漕ぎ舟、麺を湯がいて食べさせるラーメン屋、なんと黄色い袈裟の坊様までが手漕ぎ舟で托鉢をしているぞ。

 黒い布をまとった女性が運河で水浴びしていて、横で子供が釣りをしている。なんとのどかな風景なんだろう。
上流になると交通手段はボートだけ、家の裏手はうっそうとした森が広がり、小道一つ見あたらない。

 買い物帰りのおばさんを、犬が尻尾を振ってお出迎え、タイの犬も日本の犬をまねて嬉しいときは尾を振るらしい。

 おばさんは階段につく前に、軽く飛んでご帰還、水苔で滑りそうだが、そこは40年以上のベテラン慣れたものだ。
Photo_7

 運河は延々と続き、流れるホテイアオイも多くなってきた。たくさんある支流の運河にも、それぞれの生活が息づいているはずだが、想像するしかすべはない。

 大都市バンコクには、普段は見る事が出来ない昔からの生活が、今でも息長く続いているのを間近に見る事が出来た。

 淋しい田舎に来てしまった。残った客は3人になって終点のバンヤイに着いたらしい。
ターチャンを出て所要時間は1時間半であった。
 バンヤイの村は橋があって、わずかな店があって、小さなお寺があって、なんら特徴のない普通の田舎町であったが、これは当たり前のこと。

 運河沿いのお店で麺を食べていると、さきほどのボートの船頭が手招きをしている。ターチャンへ帰るらしい。 今日は朝からウロウロと時間を費やしすぎて、疲れを覚え始めていたので帰ることにした。 バンヤイの村の探訪は後日に残しておこう。

 しばらく走って気がつけば薄暗くなってきている。空を見上げると空は墨を流したような雲に支配されようとしていた。 思うまもなく稲光と共に空を引き裂くような雷鳴、空からの水も大量に落ちてくる。

 ボートはスピードも落とさずに走り続けて知らぬ顔、乗りあった客は全員ずぶ濡れとなって悲惨そのものである。 こんな状況でも慌てず騒がず、タイ人は少々のことでは動じない。雨が止めばすぐ乾くことを熟知しているのだろう。

 そういえば、いつかホテルの窓から隣の家を見ていたら、激しい雨の中でおばさんが洗濯物を物干しにかけているのを見て、驚いたことを思い出した。
 普通なら慌てて取り入れるはずだが、真意は雨が止めばすぐに乾くか。熱帯の国の雨季には驚くことが多い。

 ターチャンに着いたときにはすでに太陽が顔を出していた。迷いながら一人で旅をしていると、いろいろなことを感じたり、何気ないことに感動したりして、何か楽しさを独占しているように思えてくる。これからもじっくりとタイを味わっていこうと思っている。

 

| | コメント (1)

クルンテープの大動脈

 BTS(高架電車)のサパンタークシン駅で降りると、チャオプラヤ川のサートーン桟橋である。この桟橋からエクスプレスボートに乗れば、由緒ある名所、旧跡、市場などいろいろなところに手軽に出かけることが出来る。

Photo_4   ラーチャウォン桟橋で下船すれば、チャイナタウンの街なかに出るし、ラーチニー桟橋で降りれば野菜と花の大市場パーククローン。ターティアン桟橋は涅槃仏で有名なワットポー、対岸に渡れば暁の寺と,エクスプレスボートは観光するには利用価値が非常に高い。

 乗船して九つ目がターチャン桟橋、ここで降りれば王宮やエメラルド寺院はすぐそこにある。ここの桟橋には観光客を狙って、高速ボートのチケットを、まことしやかに高額で押しつけてくるヤツがいるのでので、十分気をつけねばならない。

Photo_3  乗り場がいくつかあって、どれが本物か偽物かを判断するのが非常に難しい。 本物と偽物が共存共栄をはかっているとしか思えない。

 私はターチャン桟橋で、運河ボートの乗り場を探すのだが、なかなか見つかられない。

ボートの係員や警官に尋ねても明快な答えは得られなかった。本日はこれまで、と運河ボートを諦めて渡船で対岸のトンブリ地区へ移動し、ノーイ運河を岸から眺めて歩くことにした。
 
  歩き始めてしばらくして、運河沿いでジュースの屋台を出していたおばさんに念のため聞いてみた。「バンヤイへ行きたいのですが、ボートの乗り場はどこですか」と尋ねると、先ほどまでいた桟橋を指さして「チャン」と答えてくれた。

 チャンとは何だ、落ちつて考えるとターチャンのことだとわかった。タイ語でターは桟橋だからターチャンで間違いないのだ。

 チャン桟橋まで引き返し、長期戦覚悟で執念の見せ所とばかりに、じっと我慢をして待つことにした。 こういうときは慌ててはいけない。腰を下ろして周囲の観察にはいった。
 観光客や裕福そうな人ではなく、普通の人がどこに行こうとしているか、の見極めである。
 買い物帰りのおばさんや、病院へ行っていたであろうお年寄りが、桟橋左下の細い板道を迷いなく降りていく。  これだな! ボートを見つけるまで40分、我ながらようやる。

 このターチャン桟橋の左側の一段低い桟橋に、運河ボートがいるのだ。左側のボートはバンヤイ行き、右側にはモーン運河行きのボートがもやってあった。このボートに乗れば、トンブリ地区のノーイ運河に入って行くはずである。

  私はすでに6人ほど乗っていた左側のボートに乗り込んだ。料金はうまくいけば現地料金、悪くすれば観光料金(180円) となる。

| | コメント (0)

風情の片鱗もない運河ボート

 ナレーションが始まりました。「忘却とは忘れ去る事なり、忘れ得ずして忘却を誓う心の悲しさよ」。ここから始まる連続ラジオ放送は、今から58年前のNHKラジオだった。この放送が始まると、当時は風呂屋の女湯はからになる。と言われたほどの熱狂ぶりだった。

 氏家真智子と後宮春樹の悲恋物語の内容は、年配の方なら記憶されているだろうが、知らない方なら親御さんにお聞きなれば、はるか昔を偲び懐かしまれるに相違ない。テレビ無き時代、日本中がラジオにかじりついたものであった。

 国民を熱狂させた映画がタイにもあって、今は中年となられた女性を、興奮の坩堝に誘って、紅涙を絞ったそうである。

 その名は 「メナムの残照」 。これは第二次世界大戦時に、タイに進駐していた日本軍の青年将校小堀と、大学生だった美しいタイ女性アンスマリンとの悲恋物語である。二人の愛はトンブリ地区の運河を舞台で進んでいくのだが、最後は小堀の戦死で終わる事になる。この映画は3回も作り替えられて、それでも満員となる名作であったそうだ。

 私がタイを訪れるようになった当初、田舎などでコボリ、コボリ とよく話が出るのが何なのか、さっぱり分からなかったのだが、後年ハンサムな日本軍将校小堀のことだと分かった。 友人などに 「ポン チュウ コボリ」 (私の名前は小堀) などと云って女性をからかっていた人もおった。

 トンブリ地区には今でも運河が多く残って、昔のシャムの生活が残っているかのように思われる。そんなところへ行って残照を浴びてみたいと思うのは、ぜいたくな希望だろうか。

 バンコクは海抜0メートルからせいぜい2メートルくらいの、湿地帯に作られた都市である。こんな脆弱な土地に、大きなコンクリートの建物を無制限に建て、電車をはしらせ、おまけにこ地下鉄さえも運行を始める。バイタリティーが旺盛というか危険を顧みないというか無謀な都市なのだ。

 この都市に約600万人の人々が暮らしているのだから、世界的な渋滞が連日ひきおこされ、交通整理の警察官をはじめ、バイクの運転手にも、排気ガスよけのマスクは必需品となる。こんな状況の中で通勤、通学、その他お急ぎの多くの人々に利用されるのが運河ボートである。

 一番利用度の高いセンセーブ運河のボートは、バンコク中心部にある「ジムトンプソンの家」や「伊勢丹」の北側の運河を走り、非常に便利なので、数多くの人たちが一日中利用している。

 一度、念のためにと乗ってみたが、信号が無い上にトラックのエンジンを使用しているのでスピードが早いので、渋滞もなく多くの人に愛用される交通機関であることがよく分かった。

 ところが運河の水がとにかく汚い。水をすくい上げて顕微鏡で見たら、ゾウリムシやアメーバ、ミジンコなどの微生物がうようよ居るに違いない。汚れがひどいので、溝特有の悪臭も追い打をかけてくる。

 ボートがスピードをだすため、汚水のしぶきを頭からかぶってしまい衣服も被害を受ける。この飛沫を防止するため、ご親切にもボートの側面をシートで覆っているから、何も見ることは出来ない。

 バンコクの裏側の生活や、鄙びた風景、スラムの片鱗などが見られないだろうか、など期待してもそれは淡い期待でしかないのだ。

  これではボートが、渋滞緩和のためだけの交通機関だとしか云えない。観光客が乗ろうものなら、悪臭漂う何も見えない牢獄へ入って、移動しているだけのやっかいな乗り物と云わねばならない。

 そうではなく、昔からあるようなのんびりと、そして素朴な運河を見たい。こんな運河はやはりトンブリに行かないと見つからないのだろうか。 私は急がない。 ゆっくり本当の運河を探してみたい。

| | コメント (0)

ラートプラオ運河

  ラートプラオ運河はちょうど10年ほど前に、私が夢中で運河に挑戦していた頃の記録なので、現在でも運行されているかどうかは定かではない。

 バンコクの中心部から、10数キロ北にあるドムアン空港の、更に北側にサパーンマイというの街がある。  サパーンマイとバンコクの都心部までの間で、運河ボートが運航されていると聞いて挑戦してみた。

 これまでに2回ほど、バンコクからサパーンマイへ向かうボートを探し歩いて、その都度ボートが見つからず苦杯をなめてきた。 午前の便でチェンマイへ向かう友人を見送りに、ドムアン空港まで
行く機会があって、見送り後時間が出来たのでこれまでとは逆に、サパーンマイからバンコクに行くボートを探してみようと試みた。

 試みはバスの停留所探しをと、汽車の線路をこえてみたのだが、聞いても聞いてもわからない。
5人目くらいに、30台とおぼしき子供を連れた女性が知っていた。女性は親切だった。
 かなり離れたバス停まで同行してくれ、暑い中でさらに15分ほど待って、365番のバス車掌に
 この人は日本人だから言葉がなかなか通じない。サパーンマイに着いたら教えてください。と言い残してくれた。

 彼女は自分の用事があったであろうに、1時間も私のために時間を割いてくれて、元の道を
引き返していった。ほんとうに有り難う。 こんな人に出会うから、いよいよタイ好きが嵩じてくるのだ。

 サパーンマイには着いたのだが、今度は探しても尋ねても運河にボートの乗り場がわからん。
幾人かの人に聞いてみたが、クローンボートでは通じなかった。警官に尋ねコン・ルゥアでやっと意味が通じて、それはインチャルン市場の裏から出ているらしい。 なかなかですなあ。


 

|