イサーン

イサーンの名物料理

 イサーン (東北タイ) の名物料理と言えば、カオニャオ、ガイヤーン、ソムタムの三点セットだろう。 カオニャオは料理と言っても餅米を蒸したご飯(日本のおこわ)で、ガイヤーンは鶏を1羽丸焼きにして大きく切ったもの、ソムタムはサラダである。

 ソムタムの中味は、未熟で硬いパパイヤの千切りを主体に、ニンニク、唐辛子、干し海老、トマト、ピーナツ、レモン、ナンプラーなどを小さな石臼に入れて石臼用の棒でトントンと叩き潰して、和えたサラダである。 

 このサラダをバンコクあたりで所望すると、食べやすくてまろやかで、とても美味しい。そしてソムタムを贔屓の一品にするのである。 ところが本場のイサーンへ行ってソムタムを注文すると、その強烈な味と匂いに圧倒されて、以後、病みつきになるか敬遠するかの岐路に立たたされるのである。 

 どうしてこのように味が変わるのかと云えば、小さなキーヌーと発酵させた小魚や、生か塩漬けの沢蟹を加えて、一緒に臼に入れてつぶして味を作っているからである。日本で例えるなら、発酵した小魚に塩辛、強烈な匂いのクサヤを加えて、多様な味と匂いをつけたサラダに変身させた代物になっている。

 バンコクなどのソムタムは実に上品な味だが、本場の物は「ソムタムラオ」または「ソムタムイサーン」と呼んで、人々の大好物となっている。またこの中にはキーヌー(ネズミの糞)とよばれる、緑色の唐辛子が小さく刻まれてさりげなく隠れているので気をつけたい。

 うっかりキーヌーの一切れを口に入れると、口の中は火炎地獄となり七転八倒、この世にこんな辛い唐辛子があったのかと思い知ることになる。こんな事までして料理を生み出したイサーンの人は偉い。

 なお 被害を受けたときのために、付け合わせとして、キャベツや生インゲンなどが添えてあるので、消火時には利用されるとよい。

 私は、小さな篭に入ったカオニャオを指でつまんで、ソムタムの汁を付けて口へ放り込んで食べるのが、無上の楽しみである。この味に魅せられてしまうと、プーパットポンカリーなど甘いオヤツとしか思えない。

そしてあまり好きではない鶏も、こうゆう食事の時には、いくらでも食べられるのである。

| | コメント (1)

ノーンカイからバスでバンコクをめざす

 ノーンカイからバンコクに帰るには、ウドーンタニまでバスで行って、その後は飛行機に乗る方法と、ノーンカイから汽車に乗ってバンコクを目指す方法がある。ノーンカイへはいつも飛行機を使っているので、汽車にしようかとも思ったが、東北本線の急行列車を使っても11時間以上かかるので敬遠した。

 それでは最後の手段とばかりに、バンコクまでバスで縦断南下することにした。乗車して10時間でバンコクまで帰れるが、急ぐ旅でもないのでイサーンの玄関口と呼ばれるコラートで一泊することにした。それであれば途中でピマーイ遺跡にも寄ることが出来る。

 さて、朝から雨の降るなかをバスターミナルまで歩くのがチト辛い。国道を走るトゥクトゥクに乗ろうと思うのだが、朝は利用する人が多いのか空車が来ない。その時、露地から出てきたトゥクトゥクが止まってくれた。人の良さそうなおばちゃんが市場に行く途中で、どこまで行くのと声をかけてくれたので、サタニーコンソンと答えると。 ボーコーソーか乗っていけ。

 ご好意に甘えてターミナルに着いた。さっそく切符売り場でバンコク行きのバスを尋ねると、停車しているエアコンバスを指して、あのバスだ、七時に発車だよ。

 乗車はしたがバンコクまで行くバスなので、乗ってしまえば走るだけ、日本のように「次は○○、お忘れ物のないように」などのお節介はしない。途中下車するコラートに着いてもこれでは分からない。なにぶんにもターミナルの表示が読めないのでお手上げだ。そこで乗り組んでいる少しは賢そうな車掌に、コラートに着いたら教えて欲しいと依頼した。

 彼は大きく頷いて承知した。これで安心して眠れるぞと気持ちが楽になる。寒いエアコンバスは、通学や通勤客を乗降させながら南へ走り続ける。タイのエアコンバスは冷房が売り物なので、どんなに冷えても冷房のスイッチは切らない。腹立たしいが寒さを辛抱しないといけないのだ。

 常夏のタイであっても、薄い防寒具は必携である。 私は耐えられず車掌を呼んで毛布を依頼したら、装備してあるのを持ってきた。あるならあるで早く云ってくれ。

 イサーン特有のサテライトと呼ばれる赤い大地がいつまでも続く。走る車窓に水田の2毛作の稲穂が揺れ、麻の畑が続く。痩せ地を思わせるユーカリの林が延々と広がり原野へと変化していく。

 民家の軒下には、どこの家でも屋根に届きそうな大きな水瓶が2~3個は置かれている。屋根に降った濁りのない透明な水は貴重品、雨水であっても大切な生活のための水である。

 微睡みと流れゆく車窓の風景を眺めて4時間、昨日のコンケーンバスターミナルに到着した。この休憩時間に麺を食べるため近くの屋台へ寄って、細緬を食べて、幾らですかと尋ねるとおばちゃんは、イーシップバーツと答えたので、10Bを置いてバスへ向かった。

 こんな勘違いをするとは。おばちゃんの言ったイーシップを10バーツと勘違いしてしまったのだ。マージャンではありませんぜ、マージャンならイーは1ですが、タイではイーシップは20のことだったことをうっかり忘れていた。 屋台まで引き返して平身低頭したことは言うまでもない。 ボーとしていると基本的な言葉も間違えてしまう。

| | コメント (0)

味わいのある旅は終わった

 バンコクを離れて、イサーンを中心に撮影を目的とした4泊5日の旅も、なんとか無事に終わりそうだ。 一区切り着いたところで、また3人集まって明日からの真面目な打ち合わせをした。

 老いても皆サマ意気軒昂である。まだ遺跡を見とらんぞ。と遺跡も見たいとの意見も強い。 ご老体の体力に不安がなければ、有名なアユタヤは近くだし、遺跡群も立派で観光客も大変多い。ここにしますか。

 と提案するがあまり気乗りしない様子である。 さもありなん。 旅のテーマが「田舎の風景をカメラにおさめる旅」だもんなあ。機内でもう一度考えてみる、と私が熟考することになった。

 この飛行機はバンコクドムアン空港行きである。まずはドムアンのバンコクエアウエイ航空のチケットを当たってみよう。明後日早朝のスコータイ行きのチケットが手に入れば、世界的に有名なスコータイ遺跡が可能かも知れない。 とそこまでは事前相談をしておいた。

 さあ懐かしのバンコクである。今回も宿泊したのが、スクムミット通りのトンロー駅前にある グランドタワーインホテルである。

Photo_2   まず第一にホテルでやることは、会長の入れ歯の一件である。

 恐る恐る五日前に忘れ物をしたのですが、入れ歯は残っていなかったでしょうか。と聞いてみるとフロントの女性達が一斉に、こちらを振り向いた。ン あったな。

 フロントの奥からこれでしょうか、と容器に入った入れ歯が会長に手渡された。 こんなに手際よく現物が出てくるというのは、相当話題になっていたのだろう。

 会長Y氏は一躍話題の人に昇格した。五日間も食事の度に、不自由を囲って辛い思いをした会長であったが、俄然笑顔と食欲が戻ってきたのは、云うまでもない。

 明日は我が身と言いますが、忘れ物紀行でもあった。終わってみれば、忘れ物も笑いの種と化し、旅に大きなアクセントが加わったのである。
 本人の名誉のために書くのをためらっていたのだが、入れ歯だけではないぞ。会長氏が忘れた物品は5点、その他にせっかく買ったお土産や荷物の預かり証など多岐にわたっていたのである。

 その代わりと言っては何だが、貰っていないと大騒ぎをした、ホテルの朝食券だけはしっかりと出てきた。本人も交えて三人で大笑いをしながら、こういう旅もまた味があると、納得したことであった。
 

| | コメント (1)

前途不明の旅は面白い

 メコン河から老舗ホテルに帰って、3人で作戦会議を開いた。行き当たりばったりの3人であっても、合意したうえで一日の予定を立てねばならない。バンコクまでの飛行機はすべて満席と判明した今、次善の策として次の空港を目指すことで意見の一致を見た。

 次の空港ってどこやねん。バスで何時間かかるんやなどと、急に動きは慌ただしくなった。それで、その空港からは飛行機はあるのか、大丈夫かいな。と騒げども今となっては行ってみないと分からない。こういう難問が立ちはだかると、旅は俄然楽しくなる。

 結論はバスでウドーンタニの町まで行って、飛行機があればバンコクへ帰る。無ければウドーンタニで宿泊して、翌日バンコクに帰ることに決した。

 ウドーンタニへ行くことを決めたのはいいが、予定外の町なので何一つ資料を用意していない。N君と会長Y氏がガイドブックを持参しているかどうかを聞いてみたが、そんなもんあるわけもない。資料なんかいるか。口があれば何とかなる。 と 出たとこ勝負の旅の一日が始まった。

 会長Y氏が急にバスの後尾の席に移動して、若い女性と話し始めた。何と話は英語のようである。そういえば若い頃外国にいって、英語を使ったことがあると聞いたことはあったが。なかなかやるじゃありませんか。

 ナコンパノムから、サコンナコンの町へ入って、ターミナルに停車すると、10人近くの物売りのおばさん達が、バスに乗り込んできて騒々しいこと、大混雑の中で食べ物を売りあるく。中には発車した後も車内の残ってまだ販売を続けている。

 これといった現金収入のない人たちなので、わずかな商売でも熱心である。朝早くから遅い時間まで何10本と立ち寄るバスを目当てに働くのである。

 かなりたって、会長氏が我々に席に戻ってきた。彼女はコンケンの大学生で、日本に行ってみたいというとる。 へーそうですか。 で、どう答えたのと、畳み掛けると交通費と滞在費は持ったる。具体化しようと言うことで返事をした。

 会長ビザが出なかったら日本になんかこられませんで、と言うのだがアユタヤの取引先を利用してでも何とかする。 この話にはあまり立ち入れないほうがよいと判断して、話から手を引いた。

 日本のあの悪名高い大使館が、タイ人の提出するビザ申請を簡単に受けて、ビザを発給するはずがないのだ。タイ政府は日本人なら、良いのも悪いのもよほどのことがない限り、ビザなしで入国をさせるが、そのタイ人を簡単には入国させない我が日本国なのである。

 サコンナコンを経てウドーンタニまでの5時間、難問もあったが、食べたり眠ったり、車窓を眺めたりで休養のひとときとなった。さてバスが停まったらどのような展開が待っているのだろうか。

 
 

| | コメント (2)

ケンターナッツ国立公園

 しばらくして頭にひらめいた。ケンターナッツ国立公園に寄ってみよう。
運転手に聞くとわずか12キロしか離れていないので、思いつきではあるが寄る事にした。 
 この公園は小さな渓谷かあるだけだが、タイでは珍しく流れる水が透明なのでほっとする。

Photo_2 

 日本のような山紫水明な国からきた者にとっては、このような水澄みわたる渓谷なんか、どこにでも見られるので、珍しいことではないがタイ人にとっては、感動の風景なのである。

 また広大な平原が広がる国なので、川の流れが非常にゆったりしていて、急流などには、滅多にお目にかかれない。したがって、急流の渓谷に透明度の高い水が流れているなどの条件が揃うと、これはもう国立公園となる。

 またタイ人は滝の見学がお好きである。高いところから水が落ちればもう見学にお出かけとなる。それでは私もと、出かけてみれば、なんと高さ50センチほどの落差があるだけで、京都の鴨川に行けば、数え切れないほどの滝があることになる。

 タイで滝は珍しいが、滝のことをタイ語では 「ナムトック」 という。 ナーム(水)、トックは(落ちる)なので、話を聞いてナムトックに行きたい等と云えば、とんでもない滝を見ることになる。

Photo_4  見学の案内をしてくれたのが、26才の職員でとても美しくて可愛いい女性だった。
国立公園の見学ではなく、笑顔で要求したポーズをとってくれる、彼女の撮影会は最高だった。

 女性に年齢を聞くなど失礼な、と、のたまうどこかの国と違って、タイ人は年齢やチュウレン(通称の名前)を聞かれることに、何のこだわりも持たない。

 このチュウレンは殆どの人が、生まれた時から名付けられていて、ノック(鳥)、ユン(蚊)、ムー(豚)など本名より重宝されている。

 これは私がタイ語でお世話になった方ばかりであるが、小鳥チャンなどはよいが、豚サンなどは、いくら男性でも、どうかと思うのだが、本人は何も変には思っていない。

(この時の彼女の写真を持って翌年訪れたときは、残念ながら事務所は休日だった。)

| | コメント (0)

日本の原風景をカメラに

 旅は60半ばを過ぎ、慌てふためく3人組が、異国の田舎をカメラに納めようと企てたものである。はたしてタイの田舎で、昔日本で見られた原風景を、写真に納められるだろうか。あわよくば自身も若さを蘇らせることができないだろうか。今を遡ること8年前となる旅の記録である。

 京都の田舎の高校で共に机を並べたN君と、滋賀県で苦労を重ねて作り上げた会社の会長で、楽隠居であるY氏との旅である。3人とも老いに追いかけられるような日々を送っているため、さぞかし多難な旅になる、との覚悟で望んだ旅であった。

 N君とY氏は重いカメラ機材を持参しての旅なので、体力的にどうかと危惧をしたが、気持ちではまだ若いと錯覚されているのか、元気なものであった。ちなみに私は小さなカメラを持ってきたが、二人のプロの間では、撮す気などさらさら起こらない。
 
 バンコクで一泊して、朝食前にY氏が朝食券を貰っていないと言いだした。整理整頓がまったくできない会長氏なので、どこからか出てくるはずと云うのだが、絶対に受け取っていないと言いきる。しかたなく懇意なボーイに訳を話して、内緒で追加をしてもらい朝食にありついた。

  いざ出発、タイ航空で目指すは東北タイのウボンラチャタニーである。この町はラオスとカンボジアの2国と接しているので、何かと見所は多かろう。

 到着した空港でタクシーをチャーターし、宿を確保すべくホテルを探したが、満室だったり、エアコンがなかったりで4軒回ったが思うようにいかない。 いつもなら満室などあり得ないのに、顔を見て年齢制限でもやとんのかい。

 やっとムーン川にもタラート(市場)にも近い、ラチャタニーホテルという安宿に落ち着いた。荷物を置き、休む間もなくラオスとの国境チョーンメックに向けて出発である。

 走り始めて気づいた、車はホンダの新車で運転手は気のいい30代のいい男、広い直線道路を100キロ以上で快走している。 事故はできるだけ起こすなよ。

  最近私は旅行保険を多めにかけているので、万一の場合補償は心配要らない。この年になると一般の生命保険には入れないので、死ぬなら旅行中がいいとかねがね思っているのだが、元気で過ごせるのなら、もう少し生きながらえたいとも思い直している。

 車中は乗り心地は良いのだが、プロのカメラマンには被写体が次から次へと、流れ去っていくので気が気でないらしい。ムアンシリントーン人造湖が右手に見えて、広い湖の岸辺で遊ぶ牛たちを見ると、たまらず休憩の申し出を受けて停車した。

Photo

 大きなカメラを運び出し、三脚で対岸で草をはむ牛の群れに写真の焦点を当てる、かと思えば近づくクルーザーも視野に入れるべく苦労をしている。単なる休憩の筈が1時間近くにもなった。

| | コメント (3)

マハサラカムからローイエットへ

  <お断り>   この投稿は「イサーンの中部を横断してみる」の続きの投稿です。順序を間違えましたことをお詫びします。


 金魚の糞であった私が覚えている、マハサラカムの出来事。
スチン先生の紹介で、大学がよく利用するホテルに泊まることになった。山の中腹にある綺麗なホテルであった。  疲れていたので早々にベッドに横になり夜半に目が覚めた。何かが部屋の中でゴソゴソ動く気配がする。

 暗闇の部屋で何が動いているのか、目は完全に覚めてしまった。 どうしたもんだろう。
その時突然。 「ゴー トッケー! トッケー!」と とても大きな声で叫び声がした。 驚きましたねえ。
こんな不気味な鳴き声を朝まで聞き続けなければならないとは。

 実はこれはトッケーと言う名の、大型のヤモリ (爬虫類) なんです。夜が明けて明るくなったので、声のした戸棚の裏を怖々覗いて見ると いた! 色鮮やかな30㎝もあろか、という大きなヤモリがこちらをにらんで、大きな口で威嚇していた。

 こやつは夜、ゴキブリやネズミなどの小さな虫や動物を 捕食していて、宿泊している人には危害を加えないそうだ。 だが、捕まえようとすると噛みつかれるので、うかつに手は出せない。
爬虫類は苦手という、私などには困った存在であった。


 翌日はターナシン国立舞踊学校の見学をした。中学生、高校生の年齢の生徒が800名在籍して、伝統のタイ舞踊を学んでいる。
まず教室では実技の授業であったが、よくこれほど身体が曲がるのだろうかと思うほど、上から押さえつけられて可哀想なほどであった。 3年間毎日続ければかなり上達するらしい。

 別棟の教室では伝統楽器の授業で、タイらしい調べが部屋部屋で聞こえていた。
見学がひと通り終わると、野外の舞台に案内された。 タイ舞踊を披露してくれたのは高校2年生の生徒であった。

 私達の席はステージの前にしつらえてあり、審査員のようなテーブル付きの特別席である。生徒達が奏でる楽器の調べに乗って踊り始めた。 綺麗な衣装に身を包んで踊る様はまさにプロの卵であった。

 その間に、私達のテーブルには、タイ料理が並びビールさえも出てきた。 どうか食事をしてください。と云われたが、ちょっと待ってえな。
 生徒は授業の一環として踊っているのに、食事なんて出来ますか。先生曰く、タイ舞踊は食事している人の前で踊ることが多い。これも勉強です。 そうですか。では

 マハサラカムでの思い出である。 今回はこのまま通過して、ローイエットの町で宿をとる予定である。

<前項> 「ボロバスはローイエットへ」に戻る。

|

イサーンの中部を横断してみる

 ドムアン空港を飛びたった飛行機は50分のフライトで、コンケン空港に到着した。このコンケンはイサーンには違いないが、学研文化都市として東北部の主要な都市である。 今回のイサーン横断一人旅のスタートはコンケンを起点にスタートした。

 空港から市内へのアクセスが分かりにくい。到着客は次々に迎えの車で去っていくのに、適当な移動手段が見つからない。
言い方は悪いが、タイでは権力を傘にきて、市民から嫌がられている警官を利用するに限る。

 タイの警察官は悪いとの話はよく聞くが、外国人にはことにほか親切であることを私は知っているのだ。 さっそくピストルと手錠を腰に、あたりを睥睨している警官に近寄り、バスターミナルに行きたいがどうすればいいかと尋ねた。

 どこまで行くのか。と言うので、ロイエットまでと答えると、その近くにいた不運な乗用車の運転手にオイ! バスターミナルまで30バーツで行け。   白タク運転手は何人かの客を集めて、稼いでやろうとの目論見もはかなく、私一人を客としてバスターミナルまで走ることになった。

 警察官が行き先を尋ねたのは、バスターミナルが長距離バスのターミナルと近距離バスのターミナルの二つがあるからである。

 広大な敷地を持つコンケン大学の前を通過して、車は普通バスターミナルについた。周りのバスを見てみると、窓全開のボロバス展示会とも見まごうようなバスばかりが集められていた。田舎へ向かうバスばかりなので、行き先表示は私には理解できないタイタイ文字ばかりである。

 近くのおっさんに 「ロイエットへ行ききたい」 と教えを請うと、発音が悪いのか首をかしげるばかり、
何度か言い直して、ロイエットを尻上がりに発音してやっと理解してくれた。 おっさんの案内してくれたのは、ひときわボロバスで珍品であった。 走るのかなあ。と思わず呟いた。

 中程の窓側に座る30代とおぼしき男性の横に座ると、外国人が横に座った。とガチガチに緊張して
車窓を眺めたり、下を向いたり落ち着きを全くなくしてしまった。ロイエットまで2時間くらい?
と声をかけると、ホットして頷いた。 ん、方言が強くイサーン語が通常だと聞いていたが 何とか通用するぞ。

 車掌のおじさんが切符を切りに来て、私のローイエットの発音を、何度も直してくれたがこれから後、色々な言葉では苦労しそうだ。

 8時30分にコンケンをでて、10時頃町らしい所に到着したので、隣のおじさんに、ここはどこですか。と尋ねてみると、「マハサラカム」 との返事であった。

 タイを訪れて3度目くらいであったか、弟を中心に5人くらいのグループでこの町にきて、言葉など全く分からぬまま、みんなの後を金魚の糞のように、トボトボと歩いたことを懐かしく思い出した。

 その時は、マハサラカム大学のスチン先生の案内で、色々な所を見せて頂いたが、自分の意志で動かない金魚の糞の旅では、覚えていることはわずかしか残っていない。  続く
 



|

タイの東北部

  タイの東北部のことを 「イサーン」 という。
タイは大きく北部、東北部、中部、南部の四つに分かれているが、このなかで東北部だけはイサーンという別名で呼ばれ面積も一番大きい。

 これまでイサーンと、特別な名前で呼ばれることを不思議に思い、少しは調べてみたのだが、東北部を支配していたモンクメール王国のイーシャーナからとったとか、古代インド語の東北を意味するイーシャーナから伝わったとかの諸説があるようだが、づーっと過去のことなので定かではない。

 難しいことは分からないが、中国の雲南省あたりから南下した民族や、カンボジアからの民、ラオ族などが入り交じって、イサーンを構成しているように思える。チェンマイやバンコクの人たちとは体型も
顔、皮膚の色も異なっている。 そして食料の自給率も低く貧しい。

 イサーンの広大な大地は、ラテライトと呼ばれ鉄分を沢山含んだ赤土が多く、保水力は殆どない。したがって地味が非常に痩せた物となって、耕作には全く不適である。

 性格は人にもよるが大まかには優しくて思いやりがある、人なつっこい、好奇心が強い、すぐ調子に乗る、深く考えない、わがまま、などと言うところが全体的に見られる傾向のようだ。こんなイサーンなのだが、訪れてみると非常に心が和み、居心地が良いので私は大好きだ。

 昨日の(2010,1,4) 朝日新聞に、こんな見いだしの記事が大きく書かれていた。
 「欧米人貧困婿入り タイ・イサーン」  内容はタイに住む欧米人でタイ人女性と結婚している
10万人のうち、半数以上はイサーンに住んでいる。と書かれていた。

 イサーンの女性と結婚して、貧しい村で母国から届く年金でのんびり生活しているのだ。祖国では年金で生活するのは、なかなか苦しいが、タイで年金を受け取ればイサーン人の月収の6倍以上に相当するので優雅な生活が送れる。

 ただタイでは、外国人名義の家は持てないから奥さん名義にせざるを得ない。そこで起こるいろいろな問題も織り込み済みで、楽しい生活をしている人が多いようだ。

 こんな例が多くなってきて、若い女性の外国人との結婚熱が高まり、お互いに年齢差はあまりこだわらず、家族共々結婚希望は増加しているようだ。 
 欧米人だけでは有りませんぞ、日本人でも今や欧米人には負けてはおりません。

 

|